Toggle

特別企画

「とら猫 aka BadCats」が選ぶ2016年ベスト10

「とら猫 aka BadCats」が選ぶ2016年ベスト10

2016年にもっとも感動したのは飛鳥の新曲…ではなく、ここは映画の話をする場でしたね。2016年にも数々の素晴らしい作品との出会いがあり、そして年々ひどくなる記憶力の低下によって流れるように忘れていきましたが、今の我々にはツイッターという強力な武器があります。そこへの投稿を遡って見直しながら、脳裏に鮮やかによみがえった...

「昭和モダ子」が選ぶ2016年ベスト10

「昭和モダ子」が選ぶ2016年ベスト10

本年もよろしくお願いします。 私も2016年のベスト10を選んでみたいと思います! 実はわたくし、地方に住んでおりまして。2016年に映画館で見たけど (うちの地方では初公開だけど) 必ずしも2016年公開のものとは限らない・・・ということがあります。 なので、いや、これちがうよ、と思われるものもあるかもですが、 私的...

「poco」が選ぶ2016年ベスト10

「poco」が選ぶ2016年ベスト10

Photo by Kerry Hayes (C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC 本年もよろしくお願いいたします。 昨年のベスト10です。255本から選びました。いつもの年より邦画と音楽映画が目立ってます。 第10位 ハート・ビート 監督:マイケル・ダミアン 音楽とダンスの組み合わせが斬新な感じ、鮮烈...

「館長」が選ぶ2016年ベスト10

「館長」が選ぶ2016年ベスト10

選考基準 早いもので、2016年も間もなく終わりを迎えようとしています。 1年あっという間でしたね。 そんな2016年を、年末年始恒例のベスト10企画でもって振り返っていきたいと思います。 みなさんのベスト10はいかがでしたか? 作品選考の基準としては上半期ベスト5と同様、 ①映画館で鑑賞した作品であること ②2016...

「大久保渉」が選ぶ2016年上半期べスト5

「大久保渉」が選ぶ2016年上半期べスト5

「映画のどこが面白い?」2年くらい前にとある懇親会で6人くらいとお話したことがある。「世界の人々や風景が楽しめる」「ストレス発散」「社会問題をそこに見る」「女優好き」等など。その時自分がなんと言ったかは覚えていないが、今は、個人的には「映画が自分の毎日にふっと息を吹きかけてくる」ようなものが好きなので、そんな感じで、2...

「Kana」が選ぶ2016年上半期ベスト5

「Kana」が選ぶ2016年上半期ベスト5

初めての執筆です。ベスト5企画からのスタートということで、気楽に構えていましたがベスト5が決まらず頭を悩ませました。優柔不断な人間にとっては映画に順位をつけるのも一苦労です。 第5位  『オデッセイ』 (監督:リドリー・スコット) 落ち込んだ時に観たい作品かも。前向きで行動的な主人公に癒されます。観るだけで元気が出る感...

「poco」が選ぶ2016年上半期BEST5

「poco」が選ぶ2016年上半期BEST5

Photo by Kerry Hayes (C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC 難航した上半期BEST5選出 なるべくジャンルが偏らないように観ていても結果は…。 第5位『俳優 亀岡拓次』(監督:横浜聡子)@新宿テアトル 安田顕って? 安田顕って! ええ~っ安田顕って…、面白かった。   ...

「rinko」が選ぶ2016年上半期べスト5

「rinko」が選ぶ2016年上半期べスト5

気が付いたらもう7月… 今年前半は仕事が繁忙期であまり映画見に行けなかった..後半はたくさん見たいな…. それでは、上半期ベスト5いってみよ~。 第5位『レヴェナント 蘇えりし者』 (監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ) @新宿ピカデリー とにかく壮絶な映画だった!凍死しない為に墜落死した動物の内臓を全部取り...

「とら猫 aka BadCats」が選ぶ2016年上半期ベスト5

「とら猫 aka BadCats」が選ぶ2016年上半期ベスト5

そういうわけで今年もはや半分が経過しました。 歳を取るほど時間の流れを早く感じる現象の理由については諸説あり、いまだ科学的には証明できていないようですが、いや、ほんと、ここんとこ時間の流れがめっちゃ早く感じます。今の半年なんて、子供の頃の1週間くらい…は言い過ぎかもしれないけど、そんくらいあっという間に時間が流れていく...

「館長」が選ぶ2016年上半期ベスト5

「館長」が選ぶ2016年上半期ベスト5

早いもので、2016年も半分が過ぎ去ってしまいました。 そんな2016年上半期をトランシネマのレビュアー陣に振り返っていただき、ベスト5を発表する特集を組みました。 みなさんがご覧になった映画と照らし合わせて読んでいただくのも一興かと思います。 作品選考の基準としては、 ①映画館で鑑賞した作品であること ②2016年公...

「うたたねむにゃたろう」が選ぶ『2015年劇場公開作ベスト10』

「うたたねむにゃたろう」が選ぶ『2015年劇場公開作ベスト10』

今年は映画的に非常に充実した1年を過ごしましたが、劇場鑑賞という意味では後半急激に失速してしまったむにゃたろうです。。 なので、「うたたねむにゃたろう的ベスト10」は、ほぼ上半期(1〜6月)からの選出となりました。夏興行も秋の映画祭ラッシュも全然行けなかったけど(泣)それでも194本(短編含む)から2015年心に残る1...

rinkoの選ぶ『2015年公開作ベスト10』

rinkoの選ぶ『2015年公開作ベスト10』

1位:『タレンタイム』@マレーシア映画ウィーク<旧作:2009年>(ヤスミン・アフマド) 映画館でこんなに泣いたの初めて!っていう位ボロボロ泣きました。主人公の一途な思いに心をわしづかみされて、暫くヤスミンワールドにどっぷり浸ってました。2016年公開予定。超オススメです。 2位:『銃弾の饗宴 ラームとリー...

「昭和モダ子」が選ぶ『2015年劇場公開作ベスト10』

「昭和モダ子」が選ぶ『2015年劇場公開作ベスト10』

第1位 『恋人たち』(橋口亮輔) 描かれるのは日常。なのに,心臓がえぐられるくらいの苦しみまで体験できる映画。 1位はもうこれしかないです。 苦しみの先にあるものを知りたい方に。 第2位 『ルック・オブ・サイレンス』(ジョシュア・オッペンハイマー) 人間とはかくも自分の罪に向き合えないものか。 大量虐殺の裏にある「責任...

「凛」が選ぶ『2015年劇場公開ベスト10』

「凛」が選ぶ『2015年劇場公開ベスト10』

© 『FOUJITA』製作委員会 01位『FOUJITA』監督小栗康平 TOHOシネマズ六本木@天に伸びゆく、祈りのような自然の声。静寂の中、失われゆくものは、どのような声を発し、私たちに訴えるのだろうか? この作品に出逢えたことを大変誇りに思います。小栗監督、ありがとう! 02位『終電車』監督フランソワ・トリュフォー...

「大久保渉」が選ぶ『2015年劇場公開作ベスト10』

「大久保渉」が選ぶ『2015年劇場公開作ベスト10』

第1位『私たちのハァハァ』 (松居大悟) @テアトル新宿。やはり日本人なので、勢いのある邦画にはビビッときてしまいます。自分も全力で走らねば…と胸が熱くなりました。 第2位『タレンタイム』(旧作:2009年) (ヤスミン・アフマド) @シネマート六本木。人と人がつながりあう様をこの上もなく温かく描き切るヤスミン映画に心...

「とら猫 aka BadCats」が選ぶ『2015年劇場公開作ベスト10』

「とら猫 aka BadCats」が選ぶ『2015年劇場公開作ベスト10』

第1位『セッション』 本年度もっとも濃密だった映画体験。気づくと、鬼教授フレッチャーが浴びせる罵倒の嵐に酔いしれている自分がいる、究極のマゾ対サド系音楽バトル。町山氏と菊池氏の場外論争も話題に。 第2位『ナイトクローラー』 ジェイク・ギレンホールに本年度アカデミー“ぎょろ目”大賞を贈りたい、12キロの減量を慣行した役者...

Return Top