Toggle

特別企画

「poco」が選ぶ2016年上半期BEST5

「poco」が選ぶ2016年上半期BEST5


Photo by Kerry Hayes (C) 2015 SPOTLIGHT FILM, LLC

難航した上半期BEST5選出

なるべくジャンルが偏らないように観ていても結果は…。

第5位『俳優 亀岡拓次』(監督:横浜聡子)@新宿テアトル

安田顕って? 安田顕って! ええ~っ安田顕って…、面白かった。

 

第4位『帰ってきたヒトラー』(監督:デヴィッド・ヴェンド)@TOHOシネマズシャンテ

最初は笑える場面が、最後は笑えなくなる。素晴らしい!

 

第3位『デッドプール』(監督:ティム・ミラー)@TOHOシネマズ日劇

随所に笑い満載。低予算をめざとく強調しているのが面白い。

 

第2位『すれ違いのダイアリーズ』(監督:ニティワット・タラトーン)@シネスイッチ銀座

男女の教師の間で時間と空間を超える日記の話。SFでもないのに時間空間を超越するのが興味深い。

 

第1位『スポットライト 世紀のスクープ』(監督:トム・マッカーシー)@TOHOシネマズ日劇

トム・マッカーシーがまたやってくれた。豪華俳優陣でテレビドラマ的テイスト、社会派のテーマでも堅苦しくなく堪能できた。

 

次点『レジェンド 狂気の美学』(監督:ブライアン・ヘルゲランド)@ヒューマントラスト有楽町

トム・ハーディーの怪演ぶりが凄い。双子の役だが混同しなかった。ダブル・ヴァンダム以来の衝撃か(爆)

決まっているのは1位だけ。あとは順不同といってもいい。その他の作品では邦画「リップヴァンウインクルの花嫁」、「ディストラクション・ベイビーズ」、「海よりもまだ深く」、「ドレッシングアップ」あたり。洋画は「10クローバーフィールド・レーン」、「追撃者」、「マネーモンスター」、「マネー・ショート」、「ルーム」、「教授のおかしな妄想殺人」、「ロイヤル・ナイト 英国王女の秘密の外出」、「ダーク・プレイス」。

7月に観た作品に印象深いのが多く、年間順位は変わると思われる。

The following two tabs change content below.
poco
poco
1966年生名古屋出身、東京在住。会社員。業界での就業経験なし。映画好きが高じてNCWディストリビューター(配給・宣伝)コース、上映者養成講座、シネマ・キャンプ、UPLINK「未来の映画館をつくるワークショップ」等受講。現在はUPLINK配給サポートワークショップを受講中。映画館を作りたいという野望あり。
Return Top