Toggle

トランシネマWEB

仙台に未来の映画館を創る『館長日記』と『シネマレビュー』

サスペンス

ジャンルは「ホラー」『淵に立つ』 

(C)2016映画「淵に立つ」製作委員会/COMME DES CINEMA

映画の鑑賞後感はエンディングが明快であったり、明るく終わるとそれまで暗い内容でも良い気分になれたりする。逆に心がざわついたり、えーっ!?というような終わり方だと何か心に引っかかって素直に良かったと言えない場合がある。しかし作品に力があれば、むしろそんな終わり方ほど良さが際立つ。

夫と妻と小学生の娘の3人家族、自宅で鉄工所を営んでいる。夫妻の仲は良いとはいえず、辛うじて子供繋がっている感じで、そこに夫にとって曰く付きの男が訪ねて来て、住み込みで働き始める。男(浅野忠信)の無表情さがコワイ!最初に家族に近づいて来たときは旦那の人生の闇、罪悪感の象徴だったが、やがて家族の悪夢になる。そして知られていなかった男の過去も判明する。罪悪感につけ込んでいるだろうが、生まれながらの悪のようでいっそう不気味だ。時にこういった存在は表面上魅力的に見えてしまうのも事実だ。人が生きていて罪悪感と無縁と言うことはまずない。程度の差こそあれ誰しも抱えうる感情だ。なんとなく過ぎていた日常がひょんなことで歯車が狂うのはわかるような気がする。罪は償えたとしても罪悪感はやっかいである。

この男は人と接しているのはこの家族だけのような様子だ。まるで家族が作り出した共同幻想のような存在で、例えば一緒に写真は撮ったつもりだったが後から見たら彼だけ写っていなかったとしても、不思議はないように思えた。とにかく鉄工所の外では何をしてるのかは謎。ホントに考えていることは分からないが、関わったことで持つ罪悪感が良からぬことを起こすのは間違いない。罪悪感のブラックホールのように関わる人を吸い込んでいく。遠くにあっても周期的に近づいてくる彗星のようなブラックホールかもしれない。

この作品の素晴らしさは後日談的な部分からさらに話が展開することだ。2段ロケットみたいで、この2段目の帰結点のインパクトは強烈かつ予想外だった。そしてジャンル分けするならあえて「ホラームービー」だと声を大にして言いたい。肉体ではなく「極めて精神的な」ホラームービーである。同様なタッチの作品はあるのだろうが、ここまで確信を持てるのは記憶にない。

『淵に立つ』
監督:深田晃司
出演:浅野忠信、筒井真理子、古舘寛治、太賀
製作年:2016年
製作国:日本/フランス
上映時間:119分

The following two tabs change content below.
poco
poco
1966年生名古屋出身、東京在住。会社員。業界での就業経験なし。映画好きが高じてNCWディストリビューター(配給・宣伝)コース、上映者養成講座、シネマ・キャンプ、UPLINK「未来の映画館をつくるワークショップ」等受講。現在はUPLINK配給サポートワークショップを受講中。映画館を作りたいという野望あり。

Facebookコメント

Return Top