Toggle

館長の立ち上げ日記

映画上映イベントの作り方、というイベントに行ってみた。

「映画上映イベントの作り方」というイベントに参加してきました。

中村健太さんが登壇するイベントなのでpopcorn絡みのイベントだと思い込んでて、したがって開催場所も毎週通っている清澄白河だと思い込んでいたのですが、「リトルトーキョー」に着いてみるとシャッターが降りてるではあ~りませんか。
慌てて詳細を確認したら会場は入谷ではあ~りませんか!
一瞬帰ろうかと思いましたが、払い込んだ参加費1,000円がもったいないので入谷に向かいました。
距離的には案外近くて、会場の「現代の公民館SOOO dramtic」には30分遅刻くらいでなんとか辿り着きました。

以下、印象に残ったフレーズをメモ!

<集客について>
・イベントは継続すること。続けているうちに必ず集客が落ちる時が来るけど、そこを乗り切れば逆に客足は伸びる。
・集客は気合。友達とかにちゃんと声をかけること。
・facebookの「参加する」ほどアテにならないものはない。「興味あり」に関しては論外。
・イベントに来た人に次のイベントの告知をする。そういう地道な活動が大事。

<プロジェクトメンバーについて>
・仲間を当てにしない。
・「みんなで渡れば怖くない」は危険、を前提のうえで自分で全部やらない。
・仲間に「何が嫌いで何が苦手か」を聞くと意外に適材適所の仕事配分ができる。
・仲間が集まったらすかさずfacebookグループを作って、そこにすぐに加入してくれるかどうかで熱意をジャッジしつつ、頻繁にイベント情報を流してモチベーションアップに努める。

…などなど。

集まっている人たちの年齢層が非常に若く(20代と30代が9割くらいとお見受けしました)、イベント終了後のフリートークタイムは参加せずさっさと帰ろうと思っていましたが、結局何人かと意見交換することができました。というか、おじさんにかまってくれてありがたいですな。

「リトルトーキョー」に行ってみれば、シャッターが降りていてしばし呆然。

気をとりなおしてやって来ましたのは、入谷の「現代の公民館SOOO dramtic」

遅刻したので一番後ろの席になりました。 すごい集まり具合!100人はいたかしら?

Q&Aでも活発に質問が飛んでました。

The following two tabs change content below.
館長
館長
仙台で映画館を開業して、生まれ故郷の発展に貢献したいと思っている50歳です。 50年間、経済的にも精神的にも映画に救われ続けてきたという思いがあります。 ミニシアターを作ることで、ささやかながら映画に恩返ししたいと思っています…といっても何か秘策があるわけではまるでなし。 今できることは、とにかく思いを発信し続けていくだけです!

その他の館長の立ち上げ日記

Return Top