Toggle

館長の立ち上げ日記

週間映画観賞記(5/14~5/17)

5月14日(月)
『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』(2017年)
監督:クレイグ・ギレスピー
@日比谷シャンテ・シネ

バカとクズとゲスしか出てこないのに最高でした。
マーゴット・ロビー演ずるトーニャ・ハーディングの造形が素晴らしかったことに依るところ大です。
実際のトーニャ・ハーディングがどういう人物だったのかとはどうでもよくて、映画の中で造形されたトーニャ・ハーディングにとても惹かれました。

(C)2017 AI Film Entertainment LLC. All Rights Reserved

オフィシャル・サイト

5月15日(火)
『君の名前で僕を呼んで』(2017年)
監督:ルカ・グァダニーノ
@日比谷シャンテ・シネ

ギリシャ時代の彫刻、ギリシャと同性愛について、ダビデの星、リスト・ブゾーニ・バッハ、ハイデガー「存在と時間」、アプリコット、ハエ…あらゆる切り口から掘り下げ可能の超絶インテリジェンス脚本ですね。映画観た後に語らうようなイベントにピッタシでは。

オフィシャル・サイト

5月16日(水)
『私はゾンビと歩いた!』(1943年)
監督:ジャック・ターナー
DVDにて鑑賞

去年の東京フィルメックスで35mmフィルムで上映されたのを観に行ったのですが(2017年11月21日の日記参照)けっこう寝てしまったんですよね。プリントの状態が最高だったのでつくづくもったいないことをしたな~と後悔しながら小さなTVモニターを凝視してました。でもおもしろかったです。68分に凝縮して描いてますから、おもしろくないわけないですよ。

5月17日(木)
『ラブレス』(2017年)
監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
@恵比寿ガーデンシネマ

重くて暗いんだろうな~とやや敬遠していたのですが、ユナイテッドシネマの会員更新特典の「1,000円で観れる券」が手に入ったので、恐る恐る観に行ってみました。
冒頭の川と、川べりの木の画で一気に引き込まれましたね。酷い話なんですけど目を背けることもできなくて、でも良い体験をさせてもらったって感じです。あと、ロシアってやっぱ「大地」なんだなあ、と何となく実感しました。

オフィシャル・サイト

5月17日(木)
『ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書』(2017年)
監督:スティーヴン・スピルバーグ
@角川シネマ新宿

2度目の鑑賞。
1度目はかなり寝ていたことがわかり苦笑。
あたまが悪いわたしにとって、2度観ることと理解が深まることは必ずしもイコールではないのですが、主演のメリル・ストリープをめぐる視線の高低の演出についてはしっかり認識できました。
彼女が男社会で軽んじられている間は、人が立った位置から彼女が座っているところを見下ろすように撮られているのですが、トム・ハンクスが重要な気付きを経て彼女の元に行った時に彼女は階段の踊り場にいて、彼女を見上げる画がパっと映っているわけですね。実に感動的で、胸がすく思いでした。

オフィシャル・サイト

The following two tabs change content below.
館長
館長
仙台で映画館を開業して、生まれ故郷の発展に貢献したいと思っている50歳です。 50年間、経済的にも精神的にも映画に救われ続けてきたという思いがあります。 ミニシアターを作ることで、ささやかながら映画に恩返ししたいと思っています…といっても何か秘策があるわけではまるでなし。 今できることは、とにかく思いを発信し続けていくだけです!

その他の館長の立ち上げ日記

Return Top