Toggle

トランシネマWEB

仙台に未来の映画館を創る『館長日記』と『シネマレビュー』

ヒューマン

惑う人、生ける都市。『台北ストーリー』

(C)3H productions ltd. All Rights Reserved

主人公アリョン(演ずるはなんと、ホウ・シャオシェン!)は過去に捉われている。少年野球のエースだった栄光を引き摺っている。
ことあるごとに少年野球チームの練習や試合を見に足を運んだり、米国滞在中に録りためた大リーグの試合を繰り返し鑑賞したり。

義侠心の強いアリョンは、不遇をかこっている昔のチームメイトの面倒を見る。
幼なじみの恋人アジン(ツァイ・チン)の父親の事業の失敗のケツも拭う。それが当然と言わんばかりに。

アジンはアリョンと結婚したい。そしてアメリカに行きたい。過去に両親から受けた仕打ちの影響などもあって地元愛は皆無。一刻も早く台北から離れたいのだ。
しかしアジンの父親の借金の肩代わりをしたアリョンは生まれ育った故郷に自らを縛りつけたも同然であり、当然アジンをアメリカに連れて行くことなんてできない。
「結婚もアメリカも全てを解決する万能薬ではない」なんてわかったようなこと言ってはみるが、その言葉は虚しく宙を舞うばかりだ。

アリョンを縛りつけ、アジョンを解放してくれない彼らの生まれ故郷、台北。

しかしエドワード・ヤンが撮りあげる台北はこのうえなく魅力的だ。
いかにも80年代的なけばけばしい富士フィルムやNECのネオンがあんなに美しく見えるなんて。
終盤にかけて夜のシーンばかりになっていくが、闇夜の艶めかしさを前にして息を飲んだ。あんなふうに闇を撮れるってのは一体どういうことなのだろうか?

都市は生き物だ。
エドワード・ヤンはそれを見つめることができる類まれな視力を持っている。
経済的に活況を呈し、急激に変わりゆく台北という都市に息づく人々はその変化に着いていけず、ある者は過去に囚われ、ある者はここではないどこかに希望を見出し、ある者はただ茫然と立ち尽くすのみ。
でも都市は刻々とその姿を変えてその巨大な身体を這いずらせている。

そんな都市をフィルムに定着してしまった『台北ストーリー』。
正直、映画の得体の知れなさを垣間見てちょっと怖くなった。が、映画でしか描けない世界が確かにここにあることを目撃する興奮はそれを上回って余りある。
必見。

『台北ストーリー』
監督:エドワード・ヤン
出演:ホウ・シャオシェン、ツァイ・チン
製作年:1985年
製作国:台湾
上映時間:119分

The following two tabs change content below.
館長
館長
仙台で映画館を開業して、生まれ故郷の発展に貢献したいと思っている49歳です。 49年間、経済的にも精神的にも映画に救われ続けてきたという思いがあります。 ミニシアターを作ることで、ささやかながら映画に恩返ししたいと思っています…といっても何か秘策があるわけではまるでなし。 今できることは、とにかく思いを発信し続けていくだけです!

Facebookコメント

Return Top