Toggle

館長の立ち上げ日記

2017年、刻々と終わりに近づき。

恵比寿ガーデンシネマズで、でヴィム・ヴェンダースの新作『アランフエスの麗しき日々』を鑑賞。
前情報どおりホントに会話劇だけで構成された作品でびっくりしましたよ。とにかくよく寝た。寝ながら自分独自の映画を無意識下で展開させているような錯覚を感じ、非常に不思議な時間を過ごしました。ポップコーンスクールで「いねむりシネマ」をプレゼンしたこともあり、寝たことじたいに引け目は感じませんでした。たぶん睡眠を十分にとって臨んでも寝た気がします、この作品は。
それにしてもヴェンダース攻めてるなー

下北沢に移動。アレイホールにて独立映画鍋の忘年会に参加。
知った顔の人々とだけ会話しました。雨宮さん・小川さん・谷渕さん・菅野さん・諏訪さん・今泉さんなどなど。
初対面の人で会話したのは、美学校に通っているという女性2人だけ。なんか引っ込み思案になってね、自分?

帰りの電車で「黒沢清の全貌」を読了。
年末年始はいよいよトマス・ピンチョンにとりかかりますよ!

独立映画鍋忘年会。けっこうな大所帯ですな。

The following two tabs change content below.
館長
館長
仙台で映画館を開業して、生まれ故郷の発展に貢献したいと思っている50歳です。 50年間、経済的にも精神的にも映画に救われ続けてきたという思いがあります。 ミニシアターを作ることで、ささやかながら映画に恩返ししたいと思っています…といっても何か秘策があるわけではまるでなし。 今できることは、とにかく思いを発信し続けていくだけです!

その他の館長の立ち上げ日記

Return Top