Toggle

館長の立ち上げ日記

クリティカルライティング講座Lesson3

本日の講師は、朝日新聞の記者である小原篤さん。
テーマは、「アニメーション批評を書いてみる」。

小原さんが記事を書くさいにとっているメモの現物を見せてもらったりして大変タメになったのですが、一番衝撃的だったのが小原さんの頭脳明晰っぷり。
難しいことをわかりやすく。論旨明快。
頭いい人ってやっぱいるんですねえ。
現役の新聞記者って違うなあ。

ちなみに小原さん、自分と同い年でした。
自分のボンクラっぷりを矯めつ眇めつ振り返って、溜息。

The following two tabs change content below.
館長
館長
仙台で映画館を開業して、生まれ故郷の発展に貢献したいと思っている50歳です。 50年間、経済的にも精神的にも映画に救われ続けてきたという思いがあります。 ミニシアターを作ることで、ささやかながら映画に恩返ししたいと思っています…といっても何か秘策があるわけではまるでなし。 今できることは、とにかく思いを発信し続けていくだけです!

その他の館長の立ち上げ日記

Return Top