Toggle

館長の立ち上げ日記

popcorn school最終回

popcorn schoolもあっという間に最終回を迎えることになりました。
本日は、グループに分かれて上映会の企画を練り、そのグループごとにプレゼンをするというプログラムです。
ただ講義を聴くだけでなく、参加者が主体的に会を作るこういうプログラムがあることがpopcorn school受講の大きな動機になったんですよね。
そういう内容なので、いつもの17時開始ではなく14時開始です。長丁場です!

さっそく割り振られたグループの方々に積極的に雑談を仕掛けて空気づくりに励みました。最初が肝心ですからね。
が、欠席者が出て人数が足りなくなったグループに強制的に移動させられてしまい、いきなりの想定外。
内心動揺しつつ、どうってことない風を装ってしまいました。

会場に指定されたのは三鷹のコワーキングカフェ「Cafe Hammock」。
こちらの場についての説明をひととおり聞いた後、グループメンバーとなった男3人でさっそく企画練りに取りかかりました。
五里霧中の状態でディスカッションしていましたが、結局何となく形が見えて来てしまうもんですから不思議ですねぇ。
プレゼン資料はTV局のディレクターの若い男性がサクサクと作ってくれました。自分こういうのめっちゃ苦手なんで、これぞチームプレー。自分にできないことはできる人にやってもらえばいいんだなと痛感いたしました。

プレゼンターにご指名されるという栄誉に預り(まあ、チーム内でダントツで年上だからしょうがないですね…)、5グループ中2番手でプレゼンさせていただきました。もうね、大変緊張しましたよ。
自分のプレゼンの良しあしは置いといて、とにかくアイディアがよかったので参加者の方々には割と好評で受け止めてもらえましたし、早めにプレゼンを終えることができたので、他のグループのプレゼンを聴くのが本当に楽しかったし、目から鱗の連続でした。

5時間強の長丁場のワークショップを終え、いつものとおり1階のbarで飲み始めましたが、今日がオーラスということでスタッフの梅本さんが居酒屋を予約してくれて、そこでがっつり飲んだお酒の美味しかったこと!
スクールが終わった開放感から、また映画につい心置きなく話せる方たちといっしょにいる嬉しさから、気分がよくて自分の舌のまわりも滑らかだったような気が…

んで、調子に乗って3時過ぎまで飲んでしまいました。
また風邪ぶり返すな、こりゃ。

最終回、みなさんお疲れ~

本日はがっつり飲ませていただきました

The following two tabs change content below.
館長
館長
仙台で映画館を開業して、生まれ故郷の発展に貢献したいと思っている50歳です。 50年間、経済的にも精神的にも映画に救われ続けてきたという思いがあります。 ミニシアターを作ることで、ささやかながら映画に恩返ししたいと思っています…といっても何か秘策があるわけではまるでなし。 今できることは、とにかく思いを発信し続けていくだけです!

その他の館長の立ち上げ日記

Return Top