Toggle

館長の立ち上げ日記

読書の秋…ではなくブックハントの秋

久々によく晴れた週末。
なにせ先週まで週末は3週連続で雨(うち2回は台風!)でしたから。

友人に根津でやっている本市場に連れて行ってもらいました。古書店だけでなく出版社も出店してるんです。
もう、ワクワクの時空ですよ!

一番嬉しかったのは「映画横丁」の出版元のブースがあったこと。
コレってなかなかお目にかかれなくて、映画館とかで時折目にしたものを少しづつ買い溜めていたのですが、今日一気にバックナンバーが揃ってしまいました。しかも編集人の月永理絵さんとおぼしき方とご挨拶もできた。

また別のブースでは、かつて仙台の「火星の庭」およびメディアテークのミュージアムショップで見かけて買おうかどうか悩み、東京に持ち帰るのが荷物になるからと諦めた経緯のあるソウルのニューウェイブ書店をリポートしたビジュアル本まで見つけてしまった。
店頭で販売にいそしむ出版元の方にお話を伺ったところ、何と大の仙台好き、しかもメディアテークが死ぬほど大好きだというではありませんか!そんなわけでこの本を仙台の各所で売っていたのだそうです。
何とも縁を感じる本ではありませんか。
もちろん今日は即買いしましたよ!

で、手元に残った数々の戦利品をカフェで愛でる幸せ。

戦利品の数々。し・あ・わ・せ!

The following two tabs change content below.
館長
館長
仙台で映画館を開業して、生まれ故郷の発展に貢献したいと思っている50歳です。 50年間、経済的にも精神的にも映画に救われ続けてきたという思いがあります。 ミニシアターを作ることで、ささやかながら映画に恩返ししたいと思っています…といっても何か秘策があるわけではまるでなし。 今できることは、とにかく思いを発信し続けていくだけです!

その他の館長の立ち上げ日記

Return Top