Toggle

館長の立ち上げ日記

映画ファンの集いVSなんか映画について書いてみる会in猛暑

今週末の猛暑、信じ難いレベルなんですけど…
クーラーの効いた部屋から一歩も出たくない心境でしたが、前々から予約していた映画語りイベント2件に参加するため、身体に鞭打って外出。

まずは渋谷LOFT9にて開催の「映画ファンの集い」。
丸山町のラブホ街の坂を上っている時にマジで死にそうになりましたが、何とかたどり着きました。
たどり着いてしまえば、あとはクーラーの効いた室内でただひたすら映画の話だけしていればいい、まさにオアシス時空間ですな。

1巡目めの「ウィンド・リバー」はいまひとつ盛り上がりませんでしたが、2巡目3巡目の「ジュラシック・ワールド 炎の王国」「オーシャンズ8」は大盛り上がり。参加者のひとりがファシリテーター的な役回りを上手に演じててくれると盛り上がることがよくわかりました。次は人に頼らず自分が頑張らないとね。
最後の4巡目は、新作タイトルでなく変化球テーマに挑んでみました。「わたしの選ぶ名画座2本立て」というやつです。
かねてから、もし自分が映画館でプログラムを任せられたらという想定で考えている組み合わせはあったのですが、時間切れまでひたすらネタを出し続けようというノリになり、8人いた参加者が5個ずつ案を披露する事態になってしまいました。最後はみんな無理くり案をひり出す形になりましたが、それが一番おもしろかったかも。
この回のファシリ役の方は、場を楽しく仕切ってくれただけでなく、みんなの案をすべてメモしたうえ、あとでネット上で発表してくれるというサービスぶり。頭が下がります。

新宿へ移動。「なんか映画について書いてみる会」に参加するため、歌舞伎町のとあるビアガーデンへ。
時刻は夕刻になりましたが、座っているだけで汗が噴き出してきます。
この会に今まで参加したことのある人がほぼ全員来たので、史上最高の9名が参加。
課題作は「スティルライフオブメモリーズ」。自分はこの作品に好意的な思いを持っていたのですが、他のメンバーはほぼ全員批判派です。こういう時って居心地悪いよね。
批判の根拠はよくわかるんですよ。でも擁護しようにもその批判ポイントと噛み合わないというか、そもそも命かけて擁護する気合もないので、黙って頷きながらやりすごしました。情けない。
…といいつつ二次会にも足を運んで深夜までたっぷりお酒を摂取。なんだかんだで楽しいわけです。

「映画ファンの集い」。2回目の参加になりました。今後もぜひ行きたいです。

「なんか映画について書いてみる会」inビアガーデン。会場はほぼ若者仕様。

The following two tabs change content below.
館長
館長
夢は映画館!と人前で言うようになってから20年以上が過ぎました。 時間が経つのは早いものです。 2014年にこのサイトを立ち上げ、2015年から仙台で上映会を開催し始め、今年2018年はいよいよ東京でも上映会を主催します。映画関連のイベントやワークショップにもあちこち顔を出してますが、相変わらず映画館ができる気配はありません。ひとまず本サイトのレビュー、もっと一所懸命書きます。フォローよろしくお願いします。

その他の館長の立ち上げ日記

Return Top