Toggle

トランシネマWEB

仙台に未来の映画館を創る『館長日記』と『シネマレビュー』

ヒューマン

むちゃくちゃな世界『メビウス』

(C)2013 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

母が父の浮気に対する嫉妬に狂って息子のペニスをちょん切ってしまいました、というお話。

ペニスが切られるという感覚に直接に訴えてくる激痛感が強烈だ。
が、それ以上に、自分のコアな部分が永遠に葬り去られてしまったのような精神的なダメージが堪え難い。
息子の切り取られたペニスが母に食われてしまったり、父の浮気相手(息子が性的結びつきをもつことにもなる女性)に絡んでくるヤクザ者の切り取られたペニスがトラックに轢かれて潰されてしまったり、のシークエンスは精神的に相当キツイ。

そういった物心両面(言葉の使い方が違う気がするが)から「痛い」本作。
しかし件のヤクザ者のペニスの行く末の描き方などギャグとしか思えぬ描写も随所にあって、観終わった後に「別に痛がらせることが目的ではないな」という余韻が残る。
この描かれていることと受け取る印象の微妙なズレこそが僕にとっての『メビウス』の魅力である。

本作の奇妙な雰囲気に一役買っているのが「一人二役」である。母と浮気相手は同じ女優(イ・ウヌ)が演じているのである。
家を守る存在としての「母」の属性と、家を破壊する存在としての「浮気相手」の属性は真っ向から対立する。しかしそれは社会生活を営むうえでの観念によって色分けされているだけだ。
これが映画の中で同一人物によって演じられることによって「母→浮気相手→母…」というふうに属性が地滑りしていき、結局両者はコインの裏表のようなもので、元をただせば同じものというふうにも見えてくる。
自分がいかに固定観念に基づいて生きているかに気づかされる。しかし人は決して観念からは自由になれぬ。であるならば、映画という虚構の中で日常とは別種の観念に基づいた世界を体験できることの意義は大きい。

もうひとつ本作の奇妙な点を挙げると、石屋か何かのショーウィンドーに飾られている仏像を拝む男の存在だ。
母は息子のペニスを切って家を飛び出し、夜の街を徘徊するうちにこの男に偶然出くわしてくっついて行っちゃうのだが、終盤ふらっと家に戻ってきて家族に修羅場をもたらす。
この男はラストでもう一回出てくる。丁寧に仏像を拝んでいるその男は息子であることが明かされて映画は終わるのであるが、そうとわかると時制がめちゃくちゃであることを見過ごすわけにはいかない。
母は息子のペニスを切った直後に街でまた息子に会って付いて行く。後日家に戻ってまた息子と遭遇し修羅場を繰り広げる…このめちゃくちゃさ加減は「夢」そのものではないか。

「現実」たらしめるためにあの手この手を使って苦心して拵える「映画」それ自体を夢と片付けられると狐につままれたかのような心境にもなる。が、不思議と腹は立たない。そんないい加減さもまた映画の魅力だからだ。

『メビウス』
監督:キム・ギドク
出演:チョ・ジェヒョン、ソ・ヨンジュ、イ・ウヌ
製作年:2013年
製作国:韓国
上映時間:83分

The following two tabs change content below.
館長
館長
仙台で映画館を開業して、生まれ故郷の発展に貢献したいと思っている50歳です。 50年間、経済的にも精神的にも映画に救われ続けてきたという思いがあります。 ミニシアターを作ることで、ささやかながら映画に恩返ししたいと思っています…といっても何か秘策があるわけではまるでなし。 今できることは、とにかく思いを発信し続けていくだけです!

Facebookコメント

Return Top