Toggle
子どもたちの自由、映画の自由。『新学期 操行ゼロ』

子どもたちの自由、映画の自由。『新学期 操行ゼロ』

若くして肺結核を患い、ジャン・ヴィゴが29年の短い生涯で撮った映画はわずか4本。ドキュメンタリー2本を経て初めて撮られた中編劇映画が本作である。 対独協力の汚名を着せられ、34歳の若さで獄中死した父の死後、本名を名乗ることもできずに耐え忍んだ少年期の苦難が、子どもをめぐる本作を撮り上げる動機になったともいわれている。 ...

Return Top